無線LANとプロバイダについて

さて、今回は無線LANを使うに当たって、契約しなければならない固定回線、それが解約されてしまった場合の対処法について考えましょう。
どのプロバイダに限りませんが、請求料金を3か月またそれ以上の滞納があると、強制的に解約になる場合があります。

その場合、解約等の通知または連絡が来るかもしれません。
ネットの方は、解約されてしまっているので使えません。
まず料金の方はできるだけ支払い忘れないように、口座振り替えやクレジットカード等での支払いがおススメです。
再契約をしたいとなれば、それらは料金を支払いを終えてからということになりますね。
現在滞納している料金をまず支払ってしまいましょう。
支払方法など細かな手続きはホームページまたは専用の窓口に連絡して確認しましょう。
未払い金額や、これからの契約再開についても一緒に確認しましょう。

解約されている期間内はネットが使えない状態にあると思います。
スマートフォンのテザリング等を遣えば、パソコンなどはネットに接続することが出来ますが、4Gなどを遣えばすぐに上限に達してしまって、速度が制限されたりしますよね。
そういった場合の代替方法として、モバイルルータを使用されることができます。
モバイルルータは、特定の通信業者と契約することで使えるものや、プリペイドSIMなどが用いられるものがあります。
光回線と違って、工事が必要ないため、ルータが届けばすぐにネットを利用することが出来ます。
(通信を行うためにはエリア内である必要があります。)



◇無線LAN特集
料金や速度などYahoo!Wi-Fiの口コミを紹介しているサイトです --- Yahoo!Wi-Fiの口コミ

Copyright © 2014 無線LANの仕組み All Rights Reserved.